広告 めまい以外にもいろいろ書いています.

2016年04月07日

私のめまいのからくり?コントロールできている!

本日気圧低下の激しい日でした。


予報では気圧差-12でした。







先日五苓散でも、気圧低下による頭痛などに効果的だと聞いて、
処方してもらったのですが、

この気圧差-12で試せると思って少し喜んでいたところ。

気圧ダダ下がり中に起床して、立ち上がって少し歩いたら、もうまっすぐに歩けなくなっていました。
結構強めのめまいです。


気圧差-12は手ごわかったです




だるおも感は継続しましたが、しばらくして

めまい感はなくなりすっきり!


酔い止め効いた〜!!!



本当に、酔い止め様様!!!です!!!




今回、確信しましたよ!


私のめまいは確実に気圧低下前および気圧低下始まりに酔い止めを服用することによって症状が抑えられていることに。



気圧低下の情報を見て心の準備をしておいて、の、服薬。



気圧低下前の酔い止め服用でめまいが抑えられているのです!!!


天気病は、原因は、低気圧の接近・前線通過などによって気圧の変化が生じると、

気圧が変化すると、耳の奥にある「リンパ液」に波が発生するらしいです。


リンパ液を調節するのが酔い止め!!


そう考えると…



メカニズムじゃないけど、こういうことかな?と自分なりに考察してみました。・・・(ここからは妄想です)




何かしらのヘルペスやらなにかで、まず、リンパ液に穴が開いててるだか、になっていて(それでふわふわめまいも継続はしていたのかなというところがまずあって。)




それが、気圧の影響で三半規管とリンパ液に圧が加わることによって、はじける(?)と、漏れて、それが三半規管に入り込む(原理は妄想ですが、リンパ液がどうにかなって三半規管に影響するのは確かですよね)




からめまいがするのであって。







酔い止めで気圧低下による影響を止めなければ、例えばスパークして三半規管にリンパ液ダダ漏れ(影響)して、回転性ぐるぐるになります。



そして一か月くらい回転性めまいが出た後遺症のめまい感が続きます。(全部ですが私の場合です)




三半規管に入り込んだ水分も蒸発やら修復やらして戻るけど、







その開いた穴みたいなのはふさがらないから、また、何かしら、三半規管に継続して不具合が継続しているからふわふわめまいが治らないわけで、







都度都度、酔い止め飲んでリンパ液調整すると漏れないで補修が進み、スパークしてはじけることの回数がすくなければ、ふわふわ加減もだいぶ収まってきます。あと、安静にすることもふわふわめまいには効きました。


起立不耐はまた別物でまだ継続していますが、


例えばずっと困っていた咀嚼中のくらくら、歩行中のくらくらは今はないです。

これに関しては何も特別なことはしていません。気圧低下前に酔い止め服用して、安静にしていました。(できるだけ寝れるときは寝ている)


いまだに、気圧低下前や中や、生理前や、無理して動いた後とかにふわふわとかくらくらとかすることはありますし、ふわふわめまいが完治したとは今の状態ではまだ言えませんが(状況においてはすぐに顔を出す)
かなりめまいの恐怖や、四六時中のふわふわめまいはなくなっています。



やっぱりどっかで漏れてて完璧にふさがってないのだと思う。







酔い止め知ってから、いつくるか わからないあの恐ろしいのは、防げているけど




私のめまいは回転性時々ふわふわですが、普通に耳鼻科行くと、めまいが強いときは、頭位めまいなんて言われる時もありましたが、自律神経。心因性にされて、安定剤処方されます。




この天気病のメカニズム分ってるのだから、これを一般の耳鼻科や内科で対応してもらいたいなーが本音です。



処方薬じゃなく自分で酔い止め購入するのは結構金銭面でも気になりますが、やはりお医者さんに相談したりしたいところもありますよね。心細いというか。



天気病外来は日本で唯一だと聞きましたが、この概念もっと一般にも病院にも広がってほしいと思います。



私のめまいが今のところ、ゼロとは言いませんが、コントロールできているから。これ大きいです。


めまいを苦にして、お医者さんにも心因性や自律神経などといい加減にあしらわれて困っている方日本全国だけでなく、世界中にもいるのではないか?と思ったからです。


私がそうでした。



人生めちゃくちゃになる可能性だって大きいです。


仕事もできなくなり、病院で、心因性と言われ、家族にも心因性と思われて、私がやり取りした方の中では、


本当はめまいなんてしていないのに、自分だけが感じているめまい=精神の病気


とご自分で話されている方すらいました。



自分の感覚さえも疑うようになるなんて苦しすぎます。


ただでさえ症状がつらいのに・・・




防げるなら防げるなら病名しっかりと天気性めまいでもなんでもつけて





しかっり病院で対応してもらいたい。







NHKのためしてがってんとかでは放送しているけど、




私の場、自律神経は自律神経だけど、めまいに関しては心因性なわけでは絶対ありません。



何度でも言いますよ(笑)めまいに関しては心因性ではありません。私の場合はそうです。





ふわふわめまいも、 気圧低下の時に酔い止め都度飲んでたら、減ってくるし。







心因性心因性ってそればかりだったけど。







コントロールできている今、全然心因性じゃないじゃないかーーーーーーと叫びたい!気分です。







今日だって今頃酔い止め飲んでなければこんなすっきりしてないはずです。






一ミリも動けないで泣いてるかもしれない。(今までがそうでしたそうなったら一か月寝たきり動けません。
寝る体勢、寝がえりでもめまいがしてめまいで起きたり、本当に地獄の恐怖の日々でした。)



それがコントロールできていることを今日実感しました。


酔い止めと、天気病の先生と、NHKのためしてがってんと、頭痛ーるのおかげです!!


報告でした・・・。あくまでも私の場合です・・・。私の考えです・・・。


posted by 大 at 22:33| Comment(6) | めまい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広告