広告 めまい以外にもいろいろ書いています.

2017年10月15日

足りなかったものは自信? アンチは気にしない! 世界的企業が日本語サイトだけコメント不可にする理由

f09fbd3b5990d818050f705e644903e8_s.jpg


本格的に寒くなってきました。
体調管理には気を付けて行きたいですね。

今日は最近気になったことを書いていきたいと思います。


世界的企業がYouTube等で、同時発信する際に
日本語サイトだけコメント不可にすることが増えているそうです。



その事で思ったことや、考えたことで、たどり着いたのは、自分に足りなかったものは【自信なのじゃないか】ということに
ついてです。



広告




nannde.png


企業ということは、商品を売りたい。そのために邪魔になるコメントがあると
載せる訳にはいかない


ということなのでしょう。


炎上した有名人のブログでは自分に好意的なコメントしかUPしないと怒っている人を
多々見かけますが、その芸能人も(一般人であっても)自分が批判されている内容をわざわざupしません。


イメージダウンにしかならないからです。

何かを発信する側は批判されるために発信している訳ではないからです。



私もブログをやっていて、アンチコメントや誹謗中傷された事がありました。


怖くて悲しくなります。

でも、何かを発信して、人の目に触れる機会が増えると言う事は、
批判されるのを、覚悟して行わないといけません。

好意的な人ばかりではありません。自分と反対の意見の人もいます。


でも、アンチを恐れていたら何もできません。



世界的に見ても、日本が、そんなにもアンチや、ネガティブな書き込み文句をする人が多く、世界同時発信する際にコメント不可にまでされるという措置を取られていると知って、改めて、日本人の気質を考えました。


日本人は、良い人に思われたい。整列乗車や、輪を乱す人を表では嫌い、うとみ、皆いい人を装う。また、自分自身も村八分になりたくない。良い人と思われたい


でも、それは人が良いからではなくて、恐れから、悪い人だと思われたくないという、恐怖感から行っているのではないか?


行動の、原点は恐れから、または愛からの2パターンがあると思います。



恐れから動いている人が実に多いのではないか。愛が不足しているのではないか。


だから、一般社会では我慢している本音が罵詈雑言になって、ネットで憂さ晴らしに近い行動をしている人が日本では多くなるのではないでしょうか。



ということなんじゃないかなって思いました。


日本では、自殺や、いじめ、うつ病や心の病になってしまう人が多いとも言われています。



また、クレームを意見と捉えている人も多い気がします。企業にクレームしに来た人が、
みんなを代表して言ってるのだから、交通費も飲食代も払ってもらわないとと言った人がいる
という話も聞いたことがあります。


クレーム=みんなを代表して貴重な意見


たしかにそういう側面もあります。


それこそ世界的な企業の無印良品は、顧客の声を受け付けて商品開発を常にして
研究して売り上げを伸ばしています。


しかし、一個人のクレームが、その他の人にも当てはまるとは限りません。それを判断するのは
あくまでも企業側です。



個人間でもそうではないでしょうか?あなたのためだからと言われたお説教は耳に入らない
で、お説教した人を嫌ってしまうことも多いのではないでしょうか。



Twitterでも、自分に批判的な人の意見は即ブロックします(即ブロします)って
書いてる人もいます。




自分がされて嫌な事を、平気で、自分の劣等感や黒い思いを正義感にすり替えて、罵詈雑言するクレーマー的になっている人が多くなっているのではないでしょうか。


ということは、クレームしている人は、実は、その企業や人の事が好きなのかもしれませんね。
だから、少しでも改善してもらいたいという思い。


でも、企業は買ってもらいたい商品のアンチコマーシャルにしかならない
コメントがずらずら並ぶなら、コメント非対応にせざるを得ません。


hihanngati.png


こういう批判がちな人は、喜びに生きていない。


常に、不満を抱えていると脳が不満に反応するようになってしまうと思うのです。


人間は一度に1つの事しか考えられません。


同時に2つの事を考えると言う訳には行きません。



これは、

【道は開ける】にも出てきました。

これお勧めです。

最近毎日聞いています。


本では、読むのが大変ですが、耳に入ってくるとすんなりと聞けます。

オーディオCD版 道は開ける ()

デール カーネギー 創元社 2005-07-20
売り上げランキング : 334562
by ヨメレバ




漫画タイプもお勧めです




脳が、不平不満でいっぱいな人が幸せになる訳がありません。


また、なんで不平不満がたまって批判家になるのかというと、、


満たされていないのだと思います。


満たされていないと、自信も消えて行ってしまうと思うんです。



自信がなくなると、人は、批判をするようになると思います。

自分が悪くなってるのはこんなに世間が悪いのは、って犯人探ししだすのです。

そして、他罰になる。



自分が満たされていたのなら、他を他罰する必要がなくなってくると思います。


他罰も自罰も根元は一緒とは言いますよね。


徹子の部屋を見ていたら、

加賀まりこさん、浅丘ルリ子さん、五月みどりさんの回で、


お三方が、口をそろえて、ストレスはない


と言い切っていました。


輝かしいキャリアで、視聴者側から見ても、ご自分に自信がたっぷりあるだろうなと
感じる方々です。


また【風の向こうへ駆け抜けろ】というラジオドラマを聞いている時に、

(このお話も楽しかったです。まだ、聞き逃し配信でで聞けると思います!
ぜひ聞いてみてください)


本でも評判良いです。

新人女性ジョッキーのお話です。

競馬を知らない人でも楽しめる作品です。

風の向こうへ駆け抜けろ (小学館文庫)

古内 一絵 小学館 2017-07-06
売り上げランキング : 88345
by ヨメレバ

騎手が、レース中に、自分と、馬が一体になって走っている際に、【自分を信じろ】って言うセリフがあったんですけど、


ハッとしたんです。


これだって。


自分に足りないものは【自分を信じる事】なんじゃないか

って思いました。

突き詰めていくと、根底では、誰も信じられない。自分さえも信じられないと人は病んでいくのではないかと
思ったのです。



自分を信じていないから、怖い。

自分にはできないんじゃないかと自分を信じていないから、不安。

自分には乗り越えられないんじゃないかという不安、恐怖。


全部、根底で自分を信じていない。


また、その先にある、最もダメになった自分を受け入れる覚悟もない。


覚悟すらない。だから、自分の怖い辛い恐怖という思いから逃げている。

受け止められていないのです。


逃げているのに、逃げたいのに、いつまでたっても恐怖や不安が頭の中から出て行ってくれません。皮肉なものです。


ってことに気付いたんです。

だから、逆をやってみたんですね。


怖さや恐怖辛いって思いが沸きあがったら、無視するのではなくてとことん付き合うぞ



自分に自分の心に寄り添う。それをそういう感情が浮かんだ度にやる。根気よくやる。


実は、今までは、自分の恐怖を見なかったことにしていたんだと思います。

目をそらすことにばかりに逃げて、自分のそういう思いから逃げていた。

逃げることも時には重要かもしれませんが、

逃げようとしても、いなくなってくれませんでした。ずっと頭の中を占拠していました。


しかし、いったん受け入れようと、覚悟すると、自分の中の何かがとけていく感じがしました。


それで、楽になれました。


また、先週のMステで、21世紀
トータル人気ランキングで、ミスチルが男性部門2位になっていました。

男性1位は嵐、
女性1位はAKB


今、ミスチルをよく聞いています。

凄く切ない曲が多くて、気付くと涙を流していることも多いです。


21世紀このミスチルの曲を聴いてきた、日本人は実に多くいるのではないか
と思ったのです。

御多分に漏れず、自分も正義感が強い性格で、YouTubeに書き込みをしたことはありませんが、批判的な思考になることは多々あります。


ミスチルも大好きです。

mamamatome.png

自分は、日本人気質なんだなーと思いました。


なので、自分が最近気づいた事が、多くの日本人の方にももしかすると共通するのではないかな?と思って

書いてみました。



グローバル企業が、世界同時発信する際に日本だけコメント不可にする理由を考えて、

皆を代表してと罵詈雑言をして憂さ晴らしをする行動は、皆のためにならない事。(企業がコメント不可にまでする対応をしてることをよく考える)

それよりも、自分を信じて生きること。

また、自分は、苦しさにも目を背けないで、まずは自分がその苦しい思いを無視しないで受け止める事で
少し楽になれました。




そして、日本には、批判家が多いと言う事を理解して、批判やアンチを恐れずに行動したいですね!


広告








posted by 大 at 04:13| Comment(0) | 人間関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広告